事業ローン

MENU

審査の厳しい事業ローンを借りたいと思う時には時すでに遅し!

事業ローンの審査は厳しいので運転資金を借りたい時にはすでに銀行から見放されている状態にあると言えます。なぜ審査が厳しいかというと、会社ということは有限責任であって会社が潰れると銀行は債務を経営者から回収することができません。

 

ですから銀行等の事業ローンは代表者を保証人にとり、会社が潰れても代表者に債務責任を負わす方法をとっています。ですが、運転資金に困るくらいの会社の代表者にも与信能力があるとは言えません。

 

結局資金集めに苦労するのが関の山ですが、経営者たるものこういう事態を見越してリスクヘッジしておく必要があります。それは、事業の調子がいい時、または経営者自身の与信能力がある時に銀行・銀行系の低金利カードローンを複数作っておくことです。借入限度額の査定があなたが想定する資金の額まで作っておけばいざというときも安心です。

 

そうしておくことで予想外の資金繰りのピンチや金策が与信のある時にカードを作っているので人に迷惑をかけずに経営者の与信のみで資金を集めることができます。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

銀行の限度額の高いカードローンでまず高額確保

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 最高 800万円
MR.カードローン【住信SBIネット銀行】

金利 年利 0.99%〜14.79%
限度額 最高 1,200万円

銀行系の低金利ローンで不足想定金額を確保

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

すでに運転資金がピンチ!そんな時に頼りになる事業ローン

今資金繰りにお困りでこのサイトをご覧の方には、

 

 

先にカードローンを作っておくなんてそんなこと先に言っておいてくれよ〜


と言われそうですが大丈夫です。銀行の事業ローン、カードローン、銀行系のカードローンより金利は高めですが、

 

 

事業ローンは消費者金融や信販会社のように事業性専門のカードローンもあるのでぜひ申し込んでみてください。


ビジネスローン一覧

急ぎの事業資金の調達もオリックスVIPローンカード BUSINESSの即時振込サービスでスピーディーな対応をしてくれます。借入可能額も1〜500万円と十分なスペック。CD・ATMの充実度はトップクラスの約173,000台だから資金引き出しの場所も選びません。取引明細もネット方式に変更可能なので郵送物が届かずプライバシーも守れます。

金利 年利 6.0%〜17.8%
限度額 最高 500万円
コース別金利表
500万円コース 6.0〜14.9%
400万円コース 6.0〜14.9%
300万円コース 6.0〜14.9%
200万円コース 6.0〜14.9%
100万円コース 6.0〜14.9%
50万円コース 8.0〜17.8%

個人事業主・中小企業を対象にした事業者専用ローン。設備投資・納税・業者への支払・つなぎめ等の資金繰りに活用できます。返済方法も多彩で元利均等返済と元金一括返済があります。売上げが一気にたちそ、れまでの収入が乏しい場合に活用できる元金一括返済なんかは他にはないサービスと言えます。

金利 年利 8.0%〜18.0%
限度額 最高 1,000万円
ビジネクスト金利表
利用限度額100万円以上 8.0%〜15.0%
利用限度額100万円未満 13.0%〜18.0%

金利 年9.98%〜18.0%
借入限度額 50万円〜500万円

その他の事業ローン・ビジネスローンを検討する

目次

国の事業ローンである日本政策金融公庫

お金を借りる場合といえば、銀行などの民間の金融機関を利用することをイメージされる人がほとんどですが、こうしたところから融資を受けることが難しい場合に利用を検討したいのが、日本政策金融公庫いわゆる国金です。

 

この日本政策金融公庫は、事業資金や起業のための資金調達として利用することができるというものであり、銀行や消費者金融と異なり誰でも利用できるというわけではなく、また、利用目的についても自由というわけでもありません。

 

それだけに限度額も多く、個人事業主に対しても積極的に融資を行っているということもあって自営業の人にとってはぜひ利用してお金を借りたいところです。

 

そんな日本政策金融公庫では様々な融資を行っていますが、中でも最も基本的なものといえるのが普通貸付であり、こちらは最大で4,800万円まで融資を受けることができます。この場合のメリットはかなり低金利で利用することが出来るという点にあり、

 

 

たとえば100万円の融資の場合で年2.0%という利率設定となっています。


適用される金利については申請する事業内容や金額によって異なりますが、銀行や消費者金融を利用する場合に比べるとかなり低金利で利用することができます。

 

また、ビジネスとして融資を行っている銀行や消費者金融と異なり日本政策金融公庫の目的は国民の生活水準向上となっていますので、事業者にとっても事業相談などを受けることができるということから高い人気があります。

 

その反面のデメリットとしては、

 

 

融資を申し込んでから審査結果が出るまでに時間がかかるという点があります。


また、融資を受けるにあたって保証人を用意しなければなりませんので、とにかく急いで融資を受けたいという人にとってはこの点も大きなデメリットといえるでしょう。

 

審査基準についても不明な点が多く、審査対策が立てにくいという点も考えておく必要があります。それでもこれから起業しようと思っている人や、個人事業主であればこうした制度について知っておいて損はないでしょう。

事業者ローンの提供業者には悪質業者も存在!?

事業者ローンは企業向けのローンですが、本来は銀行の法人向けの融資部から借りる方が金利は低くなります。事業者ローンはスピーディーに融資される為、事業者の資金調達に適したローンですが、

 

 

金利を重視した場合当然他商品よりも高め傾向である事は確かなので、利用の場合は計画を確りと立て利用する事が重要です。


この事業者ローンを運営する業者と言うのは、合法的に運営している業者となりますが、実はこの事業者ローンを運営する業者の中には悪質な業者も存在するので、利用する場合はそれを見極め危険な目に合わないように心がける事が大切です。

 

 

早く融資を受けたいという事業者のあせりに付け込む業者がいるので注意したいところです。


このような悪質な業者に合わないようにしながら資金調達を事業者ローンで利用するためには、まずは用心深く商品内容を確認することは必須です。そのためには、事業者ローンを運営する業者の商品をきちんとチェックして慎重に比較しどこの自事業者ローンで借りるかを検討する事も大切ですが、事業資金調達の際には「焦りがある」場合が多く、「焦り」により悪質な業者の甘い言葉につい乗ってしまうというケースも少なくありません。

 

万が一悪質な業者に騙され融資を受けてしまったら、当然破産に追い込まれる事は言うまでもありませんので、こうした業者に合わないためにも「よく比較し慎重に商品」選びをする事が重要です。

 

むかしは、こうした事業者ローンを利用して違法な金利を取られ最後は破産というケースが非常に多かったもので、最近はそうしたケースも少なくなったとはいえ未だにそうしたケースで破産されている方も多いので、事業者ローンを利用し事業資金の借り入れをする場合は、情報をより多く集め、慎重に選択する事が大切です。仮に悪質な事業者ローンを運営の業者でお金を借りてしまったという場合は、

 

 

無理せずにすぐに弁護士等へ相談し計画的に返済できるように素早く段取りを行う事が大切です。


やはり素人ですと相手が悪質業者なら手に負えない部分が多分にありますので、万が一にそうした業者に既に引っかかりまさに今どうしたらいいのか分からないという場合は、迷わず早急に専門家へ相談することをお勧めします。

 

焦りが計画性のない借入れにつながるケースは非常に多く、そうした計画性のない借入れが結果的に悪質な業者をひきつける場合もありますので、事業資金調達の必要性がある場合は、まずは普段取引をしている銀行を検討してみるとか、国の金融機関を検討してみる等、金利が低く借りられる場での融資を検討されるべきです。

 

しかし、場合によってはどちらも断られるという事もあり、そうした場合は事業者ローンがお勧めですが利用にはしっかりと商品内容の把握と計画性のある短期借り入れを目指す事が大切です。

事業者ローンのメリット

事業者ローンは、事業資金調達に適したローン商品と言えるものです。本来この事業者ローンをはじめとして、事業者のための事業資金融資を行える場所は幾つもあります。またそれを大きく分けると

 

 

  • 公的融資
  • 民間融資

となります。この公的融資というものは、日本政策金融公庫をはじめとして信用保証協会等もありますし、商工会議所という手もあります。

 

また都道府県や市区町村の自治体等の機関による融資も考えられます。これらの公的融資は、直接融資を行うところや金融機関からの融資に利子補給を行う等が考えられます。また債務保証を行う場合もありますし直接的ではありませんが、間接的に中小事業者の資金調達をサポートする形を取るところも考えられます。

 

これらの公的融資は、事業資金の調達に最適で尚且つ借入れには好条件な融資と言えるので、借入れをするならこうした公的融資を利用したいものですが、これらの融資を利用するには利用するでやはりメリットばかりではなく、デメリットも存在します。

 

 

メリットは利息も抑えて借りられる事と、資金額も比較的大きいので、資金調達に最適ということ。


しかし公的融資のデメリットとして、

 

 

  • 審査時間が非常に長く利用の対象業種を限定されていたりする
  • 利用条件が限定されている場合もあります

なので、こうした部分で利用できない事業主も当然出てきますので、こうした部分がやはり公的融資のデメリットになると思います。

 

これらに対し民間融資には、事業者ローン等があげられます。民間融資は、事業者ローン、ビジネスローン等を提供する民間の金融機関の融資が考えられ、これらの融資は比較的審査が柔軟に事業資金の借入れができます。この民間融資のメリット、事業者ローンのメリットは、

 

 

公的融資とは違い審査が早く済むという事。


また審査もそれなりにしっかりしてくれる事等があげられます。更に事業者ローン、ビジネスローンの場合は必要な書類が少ないところも簡単な手続きで利用可能という事で、急ぎの事業資金融資を希望する場合は最適です。

 

民間融資となる事業者ローン等のメリットはこのように審査が比較的早く柔軟である事と利用の条件等も公的融資に比べ緩やかなので、先に紹介するように急ぎの資金調達には適した融資となり、そこがこの民間融資の利点でもあります。

 

事業資金の調達、借入れにはこのように色々な融資が考えられますが、急を要する資金需要を考える事業資金融資ならそれにメリットとなり得る事業者ローンの利用が適していると考えます。

事業者ローンのデメリット

事業者ローンやビジネスローンは、比較的審査も柔軟で審査時間も早いところが急を要する資金需要に最適な商品です。

 

 

銀行以外で利用するビジネスローンを利用したい場合の事業資金は、とかく急を要する場合が多い


ので、そんな資金調達には事業者ローンは最適で、借りるに伴うメリットもあると思います。ただし、どのようなものでも良い面と悪い面が必ずありますので、融資を受ける際には必ず利用したい商品のメリット、デメリットを良く認識し検討しなくてはいけません。

 

事業者ローンに関して言えば、先に紹介するように「柔軟な審査」「審査スピードが速い」「必要書類が少ない」等がメリットとしてあげられます。では事業者ローンには、デメリットはないか?

 

といえば当然どのようなものでもデメリットがあるようにこの商品のもデメリットがあり、事業者ローン商品の違いにより「保証人が必要」になることや「金利が高い」部分もありますので、事業者ローンを利用する場合は短期利用が一番望ましい商品となります。

 

例えば銀行系のビジネスローン等のようなものならどんなメリット、デメリットがあるかといえばメリットとしてはノンバンク系の商品と比較しても金利が低くなる部分がメリットですが、デメリットとしてやはり審査に時間がかかり、返済期間が短いので返済の目途がつかない場合は無理ですし、申込みの際の提出書類も非常に多く面倒です。

 

これがノンバンク系の事業者ローン、ビジネスローンならどうか?といえば、メリットとして審査が非常に速いので事業資金のような急を要する資金需要には最適であるという部分と返済期間も長期で返しやすく提出書類も少ないですから面倒さもなく済みます。

 

ですが、ノンバンク系の事業者ローンはデメリットとして金利が高く返済においても他商品を利用するより返済額が大きくなりますし、金利が高い分後に返済に困るという事も考えられるので、その部分がやはりノンバンク系の事業者ローンのデメリットになると思います。

 

このように事業者ローンには、メリットやデメリットが必ず存在し、いい部分もあれば悪い部分も必ずあるので、事業資金のための借り入れをする場合はそれらを良く認識し確実に返せる、計画的に利用できる方法で事業資金の借り入れを検討する事が大切です。

 

金利や実質的な面で銀行系、ノンバンク系を比較すると銀行系の事業者ローンが利用のしやすさが上回ると思いますが、事業資金とはそもそも急を要する資金需要という場合が多いためそうした利用目的には素早く利用できるノンバンク系の事業者ローンが適していると考えられます。

事業者ローンは担保が必要?

 

事業資金の調達には事業者ローンでの調達も可能ですが、この事業者ローンには担保が必要なのか?


例えば融資先が銀行となる場合は、担保や保証人が必要となります。ですが、事業者ローンは担保がなくても借りられる事業者のための融資なので担保の必要しません。その代わり担保がなく貸倒れのリスクが伴いますから、民間の事業者ローンは比較的高い利息をとることになります。

 

例えば、金融機関から事業資金を調達する場合、金融機関も事業資金としてお金がいるという事は、多少なりとも困っていると考えますから、返せないリスクが全くなく融資するわけではないので、リスクを回避するためにも融資に伴う担保を必要とします。

 

金融機関による事業資金融資の担保とは不動産や土地となり、万が一、借りた側が融資したお金を払えないという場合のリスクを少なくするためにも、尚且つそれを解消するためにも不動産等の担保を用意させる事によりその負債を回収出来るので、担保を用意し融資するのが一般です。

 

要するに金融機関は、不動産等の担保により貸倒れの心配がなく貸せる融資を用意していることになるので、事業資金の調達が必要、尚且つ担保はあるという事業者さんの事業資金調達は金融機関での資金調達も可能ですしお勧めです。

 

また国の金融機関である日本政策金融公庫等も銀行融資同様に担保を必要とし、事業資金で例えば2000万円前後の資金がいるという場合は、保証人だけでは事業資金の借り入れが出来ない場合が多く、日本政策金融公庫でもその融資額により担保も保証人も必要となります。

 

勿論日本政策金融公庫の場合は、事業資金として必要になる額に応じ保証人だけで済む場合もありますが、1000万円以上の事業資金を融資と言う場合は担保、保証人いずれも必要であると考えておくべきです。

 

このように各金融機関では事業資金の融資にあたり担保や保証人が必要となりますが、事業者ローンの場合は、比較的に審査も柔軟で担保なしでも融資を受ける事が出来ます。

 

正し事業者ローンは比較的簡単に借りられるローンであるだけに利子が高めで金融機関とはかなり違う場合もありますので、借入れを事業者ローンでする場合は、その辺を認識し金利等に関してもきちんと調べた上での利用が大切です。

 

ですが銀行でも日本政策金融公庫でも事業資金の調達が出来ないというケースも実際多いので、そういう場合は事業者ローンの利用しかなくなてしまいますが、事業者ローンのご利用には確りと利子の確認やその他保証の面の確認を行い慎重に検討する事が大切です。

事業ローンコラム

事業ローンというのは、事業用の資金に利用されることも目的としたローンで、個人事業主の方や、法人での利用ができます。

 

事業ローンのメリットとしては、カードローンやキャッシングと同じように、融資限度額の範囲内であればいつでも何度でも借りることができるローン商品がいくつもあるということでしょうか。

 

融資限度額さえ十分に確保できれば、必要なときに必要なだけ資金を用意することができるので、無駄な利息を払う必要はありません。

 

普通の融資であれば、最初に全額を借り入れることになりますので、今すぐは必要ない資金に対しても利息が発生してしまいます。

 

かといって、今必要な資金ぎりぎりを借りてしまっては、次に資金が必要になった時にまた申し込み、審査と手続きを踏まなければいけませんし、無事に審査が通る保証もありません。

 

さらに、事業ローンは融資限度額の範囲内で何度でも借りられるということは、利息分さえ支払えていれば、返済期間を長期にすることもできるということです。普通の融資であればこうはいきません。

 

いかに事業ローンが便利な物かお分かりいただけましたでしょうか?

 

カードローンやキャッシングと同じように便利に使えるのです。それではカードローンやキャッシングでいいのでは?とお思いになる方もいるかもしれませんが、カードローンやキャッシングは用途自由と言いながらも、ただし事業用は除くとされているものが大多数です。

 

つまり、事業のためにいつでも自由に借りて返せるローンは事業ローンだけだということです。

 

事業ローンは銀行などから借りれれば一番いいのですが、事業計画書の提出や面談・審査、あと事業主の保証など時間がかかる上に審査が厳しい。しかも有限責任のはずが無限責任で補償しなければならない。こういうときは普段からカードローンを複数持っておくべきですよね。

 

プロミスは個人事業主用のカードローンの審査もありますし、しっかり借り入れ相談にも乗ってくれます。モビットも最大借入額800万円なので今すぐお金を借りる>時に複数カードローンを持っているということは事業を営むにおいて必須のリスクヘッジなのです。

 

限度額最高800万円というオリックス銀行も持っておきたいところですが一応事業資金目的では借りられない名目になっています。

更新履歴