事業ローン

MENU

事業資金の借入審査は厳しいのか?

 

  • 事業資金の借り入れをする
  • 融資を申し込む

これはいずれの場合も「はいそうですか」と貸してくれるところは先ずないです。その中でも事業資金となれば、当然その融資する事となる(貸付する)額も大きくなりますので金融機関にしてもどこにしてもそれに伴う審査は厳しくなる事が考えられます。

 

これは一度ローンを組んだ方なら経験はあると思いますが、どんなローンでもそれに伴う審査は厳しく、金額の大小に限らず審査は行われますので、それが事業資金というようなまとまった額の借入なら尚更通常より審査は厳しく場合により貸し渋りもあると考えられます。

 

ただ、事業資金となると融資するにあたり、申込む事業者の

 

 

  • 事業の大きさ
  • 信用度
  • 将来性

等を含め考慮すれば個人よりも法人もしくは合同会社の方が優れていると判断されますので、金融機関での借入れは個人事業主の審査が法人や合同会社よりも比較的厳しいという事が言えるのです。

事業資金貸手側のリスク

そもそも金融機関でも融資をする事が事業ですから、金融機関側も事業を失敗するわけにはいかないので貸したものは必ず返してもらい、尚且つ貸し倒れ等という事態にならないようにしますので厳しい部分は非常に厳しくする事になります。

 

こうした事情や部分も含め、事業資金を貸し付けする場合に融資に伴う審査は当然厳しくなり、中でも個人事業主に対する審査はやはり厳しくなりますから、金融機関での融資は否決、失敗だったというケースも非常に多いです。

 

 

以前ならもう少し審査も柔軟だったような気が・・・


その背景には、以前なら事業資金の融資(個人事業主への融資)には担保をとるようになっていましたが、最近はそうした担保を必要としなくなっているので、そうした理由も重なり個人事業主さんに対する事業資金調達の審査が今まで以上に厳しくなっているのが現状です。

 

昔のように事業資金を借りる際には担保を提供する形にしていれば今よりは審査も担保がある分柔軟だったかもしれませんが、最近は担保不要で事業資金を融資します的なローンもいくつもありますから、こうした変化が事業資金調達を難しくしているのかもしれません。

 

しかしながらすべての金融機関が個人事業主に対する事業資金調達を貸し渋るというものではなく、尚且つ個人事業主の事業資金は貸さないというものではありません。例えば金融機関の事業者資金の貸付には

 

 

  • 保証会社
  • 保証協会

の保証をつける融資もありますので、こうした保証付きの借入なら審査の厳しい個人事業主の事業資金も借り入れ可能になると言われていますので、金融機関からなんとか事業資金を調達したいという場合は保証会社の保証付きというような融資を提供する金融機関を選択するとスムーズな資金調達につながります。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関