事業ローン

MENU

事業資金の担保の有無

事業資金を借りる場合以前は担保の提供等が考えられました。担保は土地や機材等色々な物が考えられ、その当時はそうしたものを担保に取り融資をしていましたので今よりは審査も柔軟であったと思います。

 

 

担保はないのですが・・・


勿論その頃の事業資金は、担保がない場合には融資が受けられないというケースも非常に多く、担保がないために融資が受けられませんし資金調達できませんので、事業の失敗に至ってしまったというケースも少なくありませんでした。

 

 

担保が必要だったなんて・・・


では、現在では事業資金を借りる場合担保の必要性があるのか?確認してみると現在では以前のように担保を必要とする事業資金のための金融商品も当然ありますが、勿論担保なしでも借入れできる事業資金のための金融商品もあります。

 

 

担保不要でも事業資金を借りれるのかぁ・・・


しかし、担保のない状態で事業資金を用意する場合、それに伴い金融商品の審査は厳しいと考えられますので、中々個人事業主と言う場合の事業資金としては審査が可決しない事も多いのも確かです。

担保有無が個人事業主に与える影響は?

事業資金と言っても法人の会社、合同会社、個人会社と色々な会社のための資金が考えられ、会社が大きければ大きいほど金融機関からの資金調達もスムーズですが、個人事業のような小さい会社になると、この「担保のない資金調達」と言うのが中々難しい事も確かです。

 

 

やはり担保無しでは借りれないのでは・・・


しかし、難しいといっても「担保なしで個人事業主が事業資金の調達が出来ないか?」といえばそうではありませんので、

 

 

個人事業主の方で担保なしの事業資金調達をしたいという場合は・・・


事業資金の借入れの際に保証会社による保証を受けられるような金融商品を扱う銀行等への申込みがお勧めです。保証会社による保証つきの商品は、担保なしで保証を受けられるタイプの商品なので個人事業主という不利な条件での資金調達の場合には

 

 

そういうタイプの事業ローンもあるのかぁ・・・


そうした資金調達の金融商品を検討してください。いずれにしても事業資金の融資の場合は、調達しなければいけない額も大きめになると考えられますので、審査は厳しいものと考えなくてはいけません。

 

また担保なしで融資可能な金融商品の中には金利が通常の融資商品よりも高めに設定されているものもありますので、その辺も踏まえ「どこで資金を調達」するかはよく検討し申込みをしましょう。担保は結論として商品により有無が分かれ、担保なしの商品も実際あります。

 

しかし担保なしの金融商品は、「金利の高いもの(通常より)」や「審査が厳しいもの」がありますので、「デメリット部分がある」金融商品であるという事は認識し申込みをする必要があります。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関