事業ローン

MENU

事業資金はどこで借りる?

事業資金の借入先は色々と考えられます。最近は事業者ローン自体も色々とありますし、ビジネスローン等も色々とありますので利用しやすい商品を選び利用可能ですが、

 

 

事業資金調達のポイントとしては「切羽詰まってから借りない!」


と言う事が何より重要です。お金が無い、事業資金がなんとしても欲しいという状況では、貸す側も当然

 

 

この会社は「大丈夫か?」


と思うのが必然ですし、そのような状況では借りられるものも借りられなくなってしまう可能性も高いので、借りたい場合は「事前に事業内容を把握し先を見据えた上での」借入れをしましょう。

 

資金調達をどこで?と言う部分も当然きちんと各金融業者を比較、検討すべきですがこの借入の際の事業経営の状況も非常に重要ですので、借入れの必要性を感じる場合は「先を見据えた計画的な借入れ」を行ってください。

先を見据えた計画的な借入れとは?

さて、この事業資金調達には、その場所として金融機関が最初にあげられます。

 

 

今の安定した経営状態なら・・・


ただしそれ以外の場所でも融資は行っていますのでその状況に応じ「どこで?」と言う部分は慎重に選択すべきですが、金融機関の場合を例に挙げると使用目的を幅広く設定した商品もありますから、こうした融資の商品を選ぶと事業内容の状況により異なるとは思いますが、

 

 

高額な融資が望める可能性も高いです。


ただし金融機関での融資を希望される場合は、取引実績がある方が望ましいですし、融資に伴う審査も通りやすくなると思いますので、金融機関を利用しての事業資金の融資を申し込む場合は、普段利用する取引先の金融機関での申し込みを行いましょう。

公的な機関での事業融資制度について

この他にも事業資金を調達可能な方法がありますが、そのひとつとして

 

 

  • 国の貸付制度
  • 地方自治体が公的に慣用している制度

を利用しての事業資金調達と言う方法もありますので、こうした制度を利用し事業資金の調達もまた検討の価値はあると思います。

 

更に地方の公共団体提供の地方経済の活性化を目的とする事業融資というものもありますので、事業資金の調達の必要性がある場合は、こうしたいずれかの方法の中で比較、検討し早めに融資の申し込みをされる事がお勧めです。

 

 

条件は良さそうだけど・・・


ちなみに地方公共団体提供の融資とは、地域経済の活性化を目的としているものですが、こうした融資の実施は主に団体であるとか組合等が実施しており、小規模企業の救済を目的として実施されているものとなります。

 

 

公的な融資制度は融資実行までに時間がかかります。


こうした公的な融資制度は他で事業資金を工面するよりもはるかに低金利で借入ができるとか条件がよいと考えられますので、事業資金の調達が必要の場合は、こういった好条件での融資制度を利用される事もお勧めですが融資実行までの時間がネックとなります。