事業ローン

MENU

事業資金借入れには保証人が必要?

事業者資金の借入に伴う金融機関は色々とあります。銀行をはじめ利用しようと思えば国の金融機関を利用することも可能ですし、

 

 

事業者ローン等を扱う金融機関から借入れする事も可能です。


事業資金の調達の必要がある場合何より重要となるのが、この「どこで借入をするか」と言う事ですから、スムーズに借入れができるよう資金調達の際には事前かつ慎重に選択していく必要があります。それでなくとも事業資金における融資というものは、

 

 

スムーズにいっても融資までの期間が結構かかります


ので、その融資までの期間も十分に考慮して申込みをしなくてはいけません。さて事業資金を申し込みする場合、幾つかの必要書類を用意する事となりますが、その内容についてもスムーズな融資を望むなら尚更事前に相談し、確認を行わなくてはいけません。

事業資金貸付の担保・保証人の有無について

更に資金調達、事業資金の融資に伴う借入れの必要がある場合は、担保の有無を確認するのは必然ですし各事業資金融資(事業者ローン等)の商品によりその詳細は異なりますので、その辺もよく確認し申込みを行わなくてはいけません。

 

 

事業者ローンには必ず保証人が必要なのかなぁ・・・


事業資金のための融資は、今現在担保のある商品もありますが、担保の必要としない商品もありますので、その辺は利用しやすい方を選択するもしくは円滑に融資が受けられるものを選択すべきですが、担保の必要としない事業者資金の借入れはやはり

 

 

保証人を必要としない事業者ローンもあります。


審査も厳しい事が考えられますし、金利も高めであることも認識した上での申込みを検討すべきです。また保証人に関する問題ですが、事業資金の借り入れを行う場合やはり商品により保証人を必要とするものもあり、保証人の必要性は高いと考えます。

 

 

国金はどうなのかなぁ・・・


国の金融機関(金融公庫)による事業者のための融資の場合も保証人が必要な場合もあります。

 

そのため融資に伴う保証人は事業資金の工面のために必要となる場合が多いという事も認識しておかなくてはいけませんし、そうした商品しか資金繰りが出来ない場合は、なんとか保証人の目途を立てておかなければいけません。

無担保・無保証人のローンの活用

しかしその反面、保証人を必要としない金融商品も随分増えておりますし、担保も必要としない商品も多くなっていますので、探し方によっては無担保・無保証人での融資商品もたくさんありますので

 

 

保証人など見つけられない、担保もないという場合は・・・


そうした「無担保・無保証人」の融資商品を選択し申込みを行ってください。いずれにしても事業資金の借り入れは「担保なし」「保証人も必要なし」という商品でも融資までには時間がかかるのが当然なので早めの相談と申込みは必須とお考えください。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関