事業ローン

MENU

2月は事業者にとって切羽詰る時期

2月に法人税の申告をする企業は多いのではないでしょうか?特に中小企業は12月決算の企業が多く、2月に法人税の申告時期を迎えます。

 

年度内に償却資産を購入すれば会社のキャッシュフローは悪くなります。対応年数と同じぐらいのローンで購入した場合はあまりキャッシュフローは悪くはなりませんが金利が乗ってきます。

 

給与支払が多いとどうしても消費税の支払額が大きくなってしまうのも事実。なかなか消費税と実質売上げを分けて考えている経営者の方は少なくてこの時期に消費税でも苦労します。

 

そんな時期に頼りになるのが事業ローンです。もちろん銀行からの融資のほうがいいに越したことはありません。しかし銀行からの融資はこの時期の運転資金の借り入れとは合わないという事もあります。

  • 税金の支払の為の借り入れなので長期返済していく予定ではない
  • すぐに必要なのでスピード融資でないと意味がない

国税は町金よりも厳しい取立てをしてくる所です。遅延の場合の遅延税率も半端ではありません。ですから法人税分や消費税分の納付資金が足りない場合には早急に準備する必要があります。

 

とてもじゃないけど事業計画書を作成して銀行営業窓口にお伺いを立てながら修正したりしている時間はないのです。

 

しかしかなりの金額が足りなくて返済が長期化しそうなときは是が非でも銀行から借り入れなければいけません。事業ローンは早期に売上げから返済できる程度にしておかなければ利益圧縮に繋がってしまいます。

 

そのためには中小企業の社長が怠りがちなキャッシュフロー計画書の作成をして早目の資金繰りの危機を察知して、早目の銀行との交渉をはじめなくてはいけません。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関