事業ローン

MENU

事業ローンで借りるべきか否か

起業するのに必要な式を借りる為に事業ローンを利用しようと考えている方も多いようなので、その前に考えて欲しい事があります。

今すぐ起業しなくてはいけないのかそうではないのか?

起業する前から大きな金利負担を背負う事になると、うまくいくはずだった事業展開もうまくいかなくなることもあります。事業ローンは比較的審査は厳しくないといえば語弊はありますが、事業自体がうまくいくかどうかより、

返済できなかった場合の事業主の返済能力

を見ていますので、個人与信があれば金利は少し高めですが審査は通してくれるのです。大して金利の低い法人ローンなどは、

  • 現在の資金
  • 個人の与信
  • 事業計画

などをしっかりチェックされ、不備があるとやり直し、金融業者側が納得できなければ融資されないという厳しく時間が掛かるものです。しかし低金利という武器は今後の事業の利益圧縮防止にもなりますし、事業計画書を作成する事により自分の事業の計画がしっかり練られたものなのかもう一度確認し、第三者にもチェックしてもらう事ができるいい機会にもなります。

 

ですから急ぎの資金調達でないのであれば銀行の法人貸付や公的資金で借りれるように時間を掛けてでもした方が後々事業運営が楽になります。そういった主な借入場所は、

  • 銀行窓口
  • 国金
  • 労金

などがありますのでそれぞれ必要な書類を用意して受付まで申込すれば審査してもらえます。

 

ただビジネスにはタイミングというものが大きなウエイトを占めている場合が殆どです。今ここで資金を調達して起業・勝負を掛けなければ利益が出ないという時にはスピード融資の事業ローンや個人与信で借入して事業展開するという手法もありです。

 

もちろんこの場合も失敗した時の返済方法等も視野に入れながらなるべくリスクの低い方法で勝負していかないといけません。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関