事業ローン

MENU

事業ローンを返済する為に人件費を節約する

事業を展開するにあたって運転式を借りた場合は毎月利益を出しながら返済をしていく事になります。その上でネックとなってくるのがやはり人件費でしょう。

 

現在、高度成長期を経て労働者を守る法律ばかり増えてバブルが弾けてからリーマンショックによる円高によるデフレ社会には則していないものになっています。昔より働く意欲のない若者への高待遇な法律になってしまっており『人を雇う』ということが中小企業にとってはリスクになってしまっています。

人件費がリスクとなってしまう要因

事業展開をする上でもちろん『人を雇う』ということは最大の武器となりますが、信用できるパートナー・優秀な人材でない限りリスクになる可能性は高くなります。もちろん信用できるパートナー・優秀な人材もリスクになる可能性は秘めている訳です。

  • 支払消費税とならない
  • 社会保険・厚生年金の折半負担
  • 給与支払増額部分が多い
  • 簡単に解雇する事ができない

以上のようなリスクが『人を雇う』ことにより発生してきます。

支払消費税とならない

給与支給に支払い消費税は発生しません。人件費を使えば使うほど支払消費税は多くなり、消費税の納付シーズンの資金繰りに困る事になります。

 

あまりいい方法とは言えませんが、信頼関係がある・優秀な人材に高待遇で契約するなどの委託契約をかわすという方法もあります。もちろん雇用的な労働では委託している状態にはなりませんが、報酬の詳細契約・労働の拘束はなく結果による報酬などの別会社に委託するような契約になっていないといけません。

 

会社の業態により委託しやすい・しにくい等は必ずありますので委託できるのであれば、消費税も支払えますし社会保険代も要らないので人件費節約にはなるはずです。

社会保険・厚生年金の折半負担

社会保険・厚生年金の折半負担は大企業でもそうでしょうけども中小企業にとっては大きな負担となります。ボーナス支給にも掛かってきますので労働者の手取りは減ってしまい効果も薄れてしまいます。

 

経費にはなりますがこれも支払い消費税とはなりませんので消費税負担が増えてしまいます

給与支払増額部分が多い

労働時間や決められた就労時間外・休日出勤などの法的に増額しなければならない部分が多く、それもあまり制御できない場合が多い。

 

例えば仕事の能率が悪い社員がいたとします。能率のいい社員は同じような仕事をさっさと終えて定時に上がります。しかし、能率が悪い社員は責任感は強く仕事が終わるまで自主残業して多大な残業代が掛かってしまう。しかしこれをやれ『サービス残業でしろ』などというと今流行のブラック企業だなんだかんだ言われてしまうのです。

 

もちろん優秀な人材に意図的に『サービス残業でしろ』などということは違法だと思いますが、能率の悪い社員はそれくらいの責任は自分から進んで果たしてもいいのではないかとは思います。

簡単に解雇する事ができない

前述のような社員はまだ責任感があるだけましです。こういった労働基準法を逆手にとって、経営者側とはあからさまに反目に出る社員なんかは厄介な存在となってきます。こういった社員は何か会社に損害を及ぼす確固たる証拠でもない限りは解雇する事ができません。

 

話し合いで解決すればいいのですが足元を見られて昇給を勝ち取られるのが関の山です。