事業ローン

MENU

事業者ローンの審査はどうなってるの?

事業者ローンは、担保がなくても審査が柔軟なため借入れも楽にできるイメージがありますが、

 

 

本当のところ事業者ローンの審査とはどのようなものなのか?


個人に貸し付けられる為法人ローンほど厳しくない

当然この事業者の資金調達に最適な事業者ローンも申込みにあたり柔軟であるといえども審査が必要となります。では本当に事業者ローンの審査は甘いのか?を確認すると事業者ローンの借入れに伴う審査は銀行や国の金融機関に比べ柔軟である事は確かです。

 

本来事業者ローンは担保の必要のあるローンと担保の必要のないローンとがあり、これ以外にも幾つかの商品があります。

 

ですから事業者ローンすべてが担保の必要性が無いという事ではなく事業者ローンでも担保の有無は商品によるという事になります。ここで紹介するほとんどの事業ローンは

 

 

  • 個人事業主
  • 法人格を有する事業の代表者の方

に貸し付けますので個人です。ですので銀行などの法人貸し付けなどより審査は厳しくないのです。法人に対する貸付となると必要書類も多く、債務不履行になった場合には貸し付けた側が株式以上の責任を追及できません。(処分資産がない場合は泣き寝入りになります)

 

ですので審査が厳しく、さらに泣き寝入りにならないよう代表者個人を保証人にとる場合もあります。その代わりに保証人なし・担保なしの事業ローンではカードローン同等の金利が付くことになります。

担保を必要する事業者ローンの場合

また事業者ローンの担保を必要する商品には、不動産の担保だけでなく色々なものが担保に該当します。

 

 

では事業者ローンの融資に伴う担保に使えるものとは何か?


というと「不動産」をはじめ「商業手形」等も担保として入りますし、「株券担保融資」もありますので、「株券を担保にすることも可能」です。

 

また「小切手割引」や「ゴルフ会員権担保」等も事業者ローンにはあり、それらを担保に融資商品の利用が可能で、融資金額も事業者ローンでは50万円前後の融資から大口になると3,000万円近くの融資が受けられる事になります。

 

この様に事業者ローンのローン商品には幾つかの担保融資が存在し不動産の担保が用意できない場合は、株券や小切手なども有効なので、事業資金の調達の必要性があり、不動産はないが小切手や株券ならなんとかなるという場合は、それらを担保に融資受ける事が可能になります。

 

いずれにしても事業者ローンの融資と言うのは比較的審査は柔軟ですが、保証人が必要になる事もあります。また事業者ローンは、商品により担保も必要になりますので、事業者ローンで事業資金を調達するという場合は、事前にしっかりと融資に伴う内容を把握する事が大切です。

 

事業者ローンの利用で事業資金を申込ム場合に必要なものは、事業者ローンはいわば経営者向けのローンとなりますので、やはり「保証人となる連帯保証人を必要とする」場合もありますのでこの辺は確りと前もって確認しておきましょう。

 

またこの他にも会社の「登記簿」であると「決算書」等も必要ですし「印鑑証明や実印」も必要になりますので、必要なものに関する確認も事業資金調達には早めの相談をして準備を行う事が大切です。

 

ちなみに事業資金融資である事業者ローンに必要となるものは、各業者により異なりますので、業者を選んだら早めに内容を確認し準備が必要ですが、何より「借りやすさがウリ」でもある事業者ローンはその「借りやすさ」ゆえに金利も高いので、この部分は必ず認識しあまり大口融資を望まない事が大切ではないかと思われます。