クラウドファンディング

MENU

クラウドファンディングとは?

 

クラウドファンディングとは、事業やアイデア・プロジェクトなどを発案し、その発案者がインターネット上で賛同を得た方から資金の提供を受けることの出来るサービスです。

 

ネット上のサービスなどを、雲の中にあるサービスを地上から操作するという意味でクラウドサービス(cloud service)といいますが、このクラウドファンディングノクラウドは群集(crowd)で、ネット上の群集から資金調達(funding)すると言う意味で命名されています。

 

 

しかし事業やアイデア・プロジェクトなどを発案して、賛同を得られたとしても、それでお金を出してくれる人はいてるとは思えないけど・・・


 

 

営利事業なら人が儲ける事業に無償でお金を出す人は居ないでしょう。しかし慈善事業なら寄付を広く集めるという意味での投資は一定数集まるものです。営利事業でも様々な形でリターン(見返り)が有れば、成功すると踏んだ投資家は出資してくれるでしょう。クラウドファンディングではそんな様々なタイプの資金調達が出来るのです。


様々なタイプのクラウドファンディング

購入型クラウドファンディング

発案者の事業やアイデア・プロジェクトに対して、投資者が投資(購入)して、サービスや商品を受け取るという仕組みが購入型クラウドファンディングです。金銭の貸し借りに関わらないクラウドファンディングなので、貸金業法などに抵触しないので一番伸びているクラウドファンディングのタイプです。

 

例えば、タイで修行してきたマッサージ師がマッサージ店を開きたいとします。そのマッサージ師は店舗改装費の開業資金をクラウドファンディングで資金調達するのに、タイで修行してきたマッサージの高価などを訴えて募集します。

 

するとこのマッサージを受けたい方は、マッサージを受けるというサービスを購入します。マッサージなので改装費はそれ程掛からず、100万円の目標金額で、一人5,000円の施術であれば200人の募集ということになります。

 

このマッサージ師は、金融機関からお金を借りることなくマッサージ店を開業できるようになります。購入者はマッサージは募集が完了して、改装が終わってから施術を受ける事になるので、マッサージを受ける事以外の特典が何かないと、なかなか募集は集まらないという事になります。

寄付型クラウドファンディング

リターン(見返り)のないクラウドファンディングです。発案者に賛同できれば寄付をするという仕組みです。一般的に被災地支援などの慈善事業の資金調達に使われます。

 

時分の稼ぎの為にする事業に普通の人は寄付なんかしないですもんね。寄付型クラウドファンディングでは見返りがない代わりに、お礼や結果報告などを受けるのが一般的です。

融資型クラウドファンディング

融資型クラウドファンディングは、クラウドファンディング業者が発案者の事業者やアイデア・プロジェクトを紹介して出資を募り、発案者に融資するという仕組みです。

 

一般的にはソーシャルレンディングという名称で浸透しています。投資家からすると高利回りを受け取ることが出来、発案者からすれば低金利で融資してもらえることからWINWINの融資を受けることが出来ます。

 

ただし元本は保証されないというデメリットもあり、途中解約も出来ず、投資先の企業の実情なども調べることが出来ない為、クラウドファンディング業者の目を信頼する以外にはないのかもしれません。

株式投資型クラウドファンディング

企業が行うクラウドファンディングで、未公開株式を付与する変わりに資金提供を集めるクラウドファンディングの仕組みになります。

 

まだまだ認知度の低いクラウドファンディングで、個人の一社への投資額も50万円までと上限もありますが、非上場企業の未公開株に投資できるのが魅力です。

 

例えば夢物語のようですが、マークザッカーバーグがFacebookの資金調達を融資型クラウドファンディングデしていたとします。そこに投資をしていたら、以降は上場して株価は鰻上り。このような結末も夢ではありません。

 

もちろん配当を約束されているわけではありませんし、株も簡単には売却できません。しかも見ず知らずの実績のない企業に投資する訳ですから、リスクの方が大きいかもしれません。

 

エンジェル税制を受けられる可能性もありますので、余剰金のある富裕層の方向けのマネーの虎みたいなものではないでしょうか。

ファンド型クラウドファンディング

こちらも企業の資金調達のクラウドファンディングで、投資者はその事業の売上げに基づいた分配金がリターンとなります。

 

また分配金に伴って、その事業の物やサービス、又はそれらを割り引いて受ける事も出来たりします。この辺は株式優待券に似ています。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関