事業ローン

MENU

銀行と消費者金融の事業ローンの審査基準の違い

 

主に自営業などの個人事業主の人が利用する事業ローンですが、当然ながら融資を受けるためには審査に通過する必要があります。

 

 

事業ローンの審査も基本的には個人向けの融資と同様に返済能力を確認するために行われます。


そのため、現段階での借入がどれだけあるか、収入はどれぐらいなのかという点について確認が行われるという点もカードローンと同じです。

 

 

それだけに、個人向けの融資と同じ感覚で事業ローンに申し込むとなかなか難しいことがわかります。


まず、自営業の人の場合は「給与収入」というものがありませんので、毎月一定の金額が安定して入ってくるということはありません。実際にはそういった仕組みができあがっていたとしても、そのことを事業ローンを行う金融機関に確認させるための方法は決して簡単なものではありません。

 

ドラマなどではお金が足りなくなってしまい倒産するといったシーンも演出として使われることがありますが、これは、同時に銀行などの金融機関がそう簡単に事業ローンの融資を行っていないことのアンチテーゼでもあるといえます。

 

それだけに、事業ローンは誰でも手軽に融資を受けるというものではなく、決してハードルが低いものでもありません。

 

そこで最近注目を集めているのが、消費者金融などの展開する事業ローンです。消費者金融業者といえば、主なターゲットとなる顧客層は個人であり自営業を営む事業主向けの融資は行っていないと思われがちですが、決してそのようなことはありません。

 

 

それだけに、個人向けの融資と同じ感覚で事業ローンに申し込むとなかなか難しいことがわかります。


また、自営業で収入を得ている人が個人向けの融資を受けるというわけでもなく、事業性資金として利用できるものとなります。消費者金融業者で事業ローンを申し込むメリットは、なんといっても審査結果が出るまでの時間が短いという点にあります。

 

審査に通過してから実際にお金を受け取るまでの時間もスピーディーですが、そもそも融資が可能かどうかの結果についても早い段階で知らせてもらえるので、こうした点も事業主にとってはうれしい話です。

 

事業ローンを考えるのであれば、こうしたところも検討材料として考えてみても良いでしょう。

個人与信で借入枠を持つカードローン・事業ローン・ビジネスローンを絞り込み検索

特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関